ガジュマルくんの成長&自我のおままごと遊びは終了!

こんばんはー。
6月に突入しました。
明日から雨の予報が続くみたいで梅雨入りかな?という感じですね。

 

まずは、うちのガジュマルくん。
4月後半に丸坊主にして以来ぐんぐん成長してきてます☆
切ってしばらくは変化なしで「…もしかしてヤバい?」と思っていたんですが・・・^^;

日に日に葉っぱが密集してきて、目覚ましい成長の速さを観察するのが日課となってて楽しいです♫

 

5月19日。
可愛い芽が出てきた〜!( ;∀;)ヨカッタ〜〜。
200609_1

 

5月27日。
葉がわさわさしてきた〜!(゚∀゚)
200609_2

 

そして今日、6月9日。
葉っぱが大きくなってきた〜!!
200609_3

このガジュマルくん、特徴の根っこがちょいと貧相なので、ここも大きくなればいいなぁ〜。

ちらっと左後ろに写ってますが、挿し木にしようと水に挿してるものもかなり根が出てきたので、近々植えてあげようと思ってます♫

 

以前載せたオーガニックコットンたちは、双葉が出て本葉も出て少し伸びてきてるのですが、ハダニ?にやられているみたいで、2株は茶色くなっちゃってもうダメそう( ;∀;)
葉っぱをめくるとめっちゃ小さいのがうごめいていて、ひぃぃ〜〜!((((;゚Д゚))))

3株は同じアトリエのネイリストのお姉さんにプレゼントしたので、生き残っているのは4株。

ググったら綿栽培って結構難しい事がわかり、成功したら奇跡くらいに思っていますが。。
なんとか虫や梅雨を乗り越えて成長してほしいです!!

 

 

 

そして本題〜。

 

Twitterにはちょろっとつぶやいたりしてましたが、最近「雲黒斎さん」のYouTubeにハマったきっかけで、「ノンデュアリティ」な考え方を知りました。(ググってね!)

個人的には仏教の悟り?に近い印象を持っているんですが、なんとなく頭では理解できます。

ただ、40数年ゲームの主人公として渦中の視点で生きてきたので、いきなりゲームのプレイヤーどころかそのプレイヤーですら存在しない、という掴みどころのない境地に生きてる間に至れるのか?、は正直途方もなく難しいと思います。

そうなれたらそりゃあ全てから解放されて最高だろうなとは思うけど〜。

 

そもそも、宇宙的に言う「地球には人間として楽しみに来ている」のなら。
あえて俗やらエゴやらの自我に翻弄される生き方も、そういう世界なんだと割り切って満喫しつつ、自我にがっつり入り込むことなく客観視できれば、必要以上に苦しむこともないのでは?と最近開き直りつつあります。

雲黒斎さん仰られてましたが、昭和世代は何でもかんでも深刻に真面目に重く受け留めすぎていたと思います。
エネルギーが重いんですね。

そこをこれからは「うん。それでいいんじゃね?」くらいに軽〜く受け留めて、今の若い子のように、何事もライトなエネルギーにしていけたらいいのでは?とわたしも感じてます。

 

自分探しや内観は今でも好きですよ。
でもね。

ヒーリング、自己対話、HSP、生きづらさを生み出すブロック解除、思考や感覚の入れ替え。
色々と真面目に自分を変えたい!と思ってやってきました。
その時は気持ちよく満足していても、(少しは変わっているかもだけど)、また何度何度も出てきちゃうんですよ。
ほんっと、キリがない。

どこまでもわたしは、わたしでしかないんだなと。

 

この記事の前にかなりの量の気づきをメモに書いてまして、3回くらいに分けて載せるつもりでしたが・・・

こんなの何度繰り返すんだぁ?
なんの根本解決にもなってないし、時間を割いて書く意味ってどこにあるんだ?って。
元も子もなくなっちゃって、消しました。笑

 

どこまでも足掻いても苦悩は尽きないし、終わらないひとり遊び。

毎度自ら自分という幻想の沼にハマってはドロドロになって這い出してを繰り返して。
自ら生み出した問題に自ら「気づきだ!」って歓んでる、悲劇のヒロイン劇場の依存状態です。

ノンデュアリティの視点で客観視したら、自分はいないわけでしょ?

自我が作り上げた幻想の中でのおままごとをクソ真面目に遊び続けてただけだったのか・・・とようやく気づけました。

 

とどのつまりシンプルで

「何かしなければいけないことなんて、何もない。」

「自分はありのままで完全である。」

 

なにかしら”ネガティブな自分である”ことが判明して、その部分が今の辛さの原因と分かるとついがんばって変えたくなるけど。

それは雲をつかむようなこと。

宇宙は無条件の愛そのもので、いつでも受け容れてくれて、わたしたちをどこまでも尊重してくれてるんですよね。
こうであらねば、と決めつけてジャッジして、幸せを受け取らず自らはねのけてるのはわたしたちのほうってこと。めっちゃ皮肉です。

 

「すべてをあるがままに受け容れる」こと。
ワンネスの境地が、人間の苦悩からの解放の鍵なんでしょうね。

あれがこれが問題と深刻に受け取り続けて限り続く、人間のカルマ。
流れに抗えば抗うほど、逆流を行くこととなり、辛くなる。

ならば、すべてはOK!で。
流れの方向へ身を委ねてゆったりと軽く、ありのままの自分を楽しむだけでいいんじゃないかな♫

と。

 

 

 

というわけで、長年に渡って内観とか自己対話を恥ずかしげもなく綴ってまいりましたが、blogでの自我のひとり遊びはこれにて終了です!

今後は制作と作品のメッセージを通じて、みなさまにベストな形で伝えたいことをお届けしていくことに集中します◎

(今後は出てきたら自分の中のみで噛み砕いて流すことにします。外にはシェアしません。宣言しとかないとダラダラやめられそうにないし。意思弱いから〜。笑)

 

必要に応じてハイヤーセルフなどの高次なメッセージはここにも載せますね◎

 

 

今まで長々と戯言に付き合ってくださって、本当にありがとうございましたm(_ _)m

スピカ

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください