自分自身以外の世界は、虚像。

「フラット・アース」という言葉を最近知りました。
(今更?なんて言わないで・・・笑)

地球は丸いと教わってきたものが、本当は地球は平らなのでは?という、地球平面説。
これらを証明、解明しようとしている人たちが世界中に(かなり少数派ですが)いるとのこと。

世界中騙されている。私たちは生まれて死ぬまで嘘をつかれ続ける。こんなの赦されるのか?!
という・・・究極の陰謀論?!

詳しくはググってみてください。笑

 

これがもし本当なら、そもそも誰が何のために隠しているのか、こんな壮大な嘘をつき続けてるのか?

信じるか信じないかはあなた次第、みたいな世界です。

夫に話したら嘲笑されました。
そりゃま、いきなり受け入れられる人間はそういないかもですね。
マンデラエフェクトも同類かなと思いますけども。^^;

パラレルワールドとか多次元とか、そんなスピ話がすんなり入るわたしにしてみれば。
地球が平面である可能性はゼロではないなって思うんです。

 

日本でもすでに国が機能してないし、理不尽さや矛盾だらけ、
真面目にやってるのがアホらしくなる世の中になってしまいましたし。笑

最近はなんでもありになってきてるのもあって、あまり驚かないですね。。

生きてきてこれまで、たとえずっと嘘をつかれてたとしても、本当だとしても。
どっちでもいいかな〜。
それすら確かめようもないし。

正直いろいろな事においても、本当のところなんて誰にもわかんないんですもんね。

メディアの情報だってみんながみんなすべてのことを知ってるわけじゃないし。
そもそも無知だったり、それぞれ信じる信じないがあるのは当然で。

地球の本当の姿、宇宙の存在、死後、人間の進化、神様、ハイヤーセルフ・・・
実際目に出来ない、確認できないものばかりじゃないですか。

とはいえ「目に見えないものはすべて不確かか?」と言われたら
「そうじゃない」とわたしは答える。

 

それこそテレビや新聞ラジオネットなどのニュースや情報だって、
毎日情報元を疑うこともなく、当たり前のように受け身で勝手に信じてるだけ。
真実かなんて現地に行っていちいち確かめようもないし。

結局目に見える見えない関係なしに、自分の中で、自分の世界で。
信じられるものが真実で確かなものになるんですよね。
そしてそれは流動的でもある。
数分前まではこうだ!と思っていたものが、次の瞬間そうじゃない!ともなりえる。

 

「客観的現実は存在しない、と実験で証明された」
という記事も最近見ました。
(記事失念、こちらもググってみて)

いわゆる仮想現実ですね。
やっぱり外側の世界は幻なんだなぁ。
みんながそれぞれ作り出してる、自作自演の世界。

 

自分にとって肉体や感情や意識を持って「今ここ」を感じられる自身だけが間違いない存在。

それ以外は虚像。幻。

 

虚像に振り回されるのはエネルギーの無駄遣いだなぁと・・・
その分自分へ、自分の宇宙へ注ぎましょか^^

 

いつもわたしが言っている、
外側には答えはない。内なる自分自身を信じるのみ。

やっぱりこの結論に至るんだなぁと確信した次第です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください