「恐れ」は幻想。絶望感に囚われない。

日々進化する自分の速さがすごくて、内観した1ヶ月が3ヶ月に感じるくらい。
そして今、安定に入った感じがあります。
そのおかげで製作に打ち込めているのですが(ほっ・・・)

 

結論ありきではなく、これにはやはり過程があってここに辿り着いたわけで
回り道のように見えて実はタイミングバッチリな必然だったりします。

 

今はひたすら自分の内なる声の言うことを聞いて
「なんとなくこうしてみよう」をやっています^^
今までしようとも思わなかった「四足歩行の動物」をなるべく食べないようにしてみたり。
(ストイックになると「〜せねば」にハマるのでゆるくね)
納品近い時期でも「なんかしんどいな」と思ったら思い切って一日休んでみたり。
気持ちが乗らないものは早めにキャンセルしたり。
感情的にならないよう、意識的に距離をおいてみたり。
○○しなければいけない、はポイッと^^やめていってます。

Twitter見返すと、内観の最初のきっかけは「パラレルワールド」だったんだと少し意外でした。
「マンデラエフェクト」(知らない方はググってね)の話から内観へ進んでいきました。
マンデラ自体はもう3〜4年前くらいから知ってたんで、ネタはすぐ飽きちゃったんですけど。笑

この頃感じていた時空の変化、時間経過のありえない速さ(こうである、という思い込みの破壊)がパラレルワールドに繋がり、「自分の思い込んできた”当たり前”って一体なんなんだ?」という感じになってゆきました。
 

自分自身が常にメインにあるのが前提で、
そこから無限にある選択肢の中、
自由に魂の声に従って望むところへと無意識に瞬間移動してて。
その選択の連続が今の人生。

 


 

並行世界や世界線のイメージは、こんな感じなのかも。
だとしたらマンデラなどで世界がどんどん変わることは
不思議でもなんでもない。。
無意識に生きてて、ただ気づいてなかっただけ。

 


 

自分と価値観の違う相手を否定したり貶す人、
そういう人達とは世界線が交わることがなくなる時代が
近いのかもなーとふと思った。

 

そして、こんな不安定な世の中になると次から次へと出てくる「恐怖の支配」。
例に漏れずわたしも翻弄され続けていました。

そのなかで「光と闇」の存在意義を見出していた時期。
 

光しか持ってない人間はいないから…
たくさんの愛や歓びを知れば知るほど、たくさんの闇も目につく😔
憎さのあまりすべて排除したくなって、
闇の人間がいない光だけの世界になってほしいと単純に願ってしまう。
でもそれこそが自分自身の闇で。
😈排除を願うことを魂は望んでないんじゃないかな〜

 


 

だからいくら望んでも実現しないよね…
自分も持ってるからこそ闇は可視化される。
そこを否定しないで。
闇から自分自身の知ることができて成長に導けるんだと思う。
地球にはそういう役目がある。
覚えてないだけでみんな魂の成長の場として
選んでここに来てるんじゃないかな💫🌏

 


 

ジャッジするのはやめて、そこに気づける人が増えたら✨
地球全体が寛容と尊重が自然と満ちて、
色々な宇宙の存在たちとも共存できる
素晴らしい場所に変わってゆくのかもしれないね😊❤️
まだまだわたしたちは進化の途中💫

 

見えている闇は自分自身の投影。
ただ教えるために見せてくれているだけ・・・幻なんですね。

闇を照らすことで、光に変えられるということに気づきます。
そう、「闇」は「光」がないと存在しないということなんです。

 

わたしも例に漏れず、その闇からの「恐れ」にやられ憑依され、
大量記事削除事件が夏にありましたが・・・m(_ _)m
その時「恐れ」に憑依されて自分を見失っていたことを振り返ります。
 

せっかくいいこと言ってても、ネガティブなエネルギーと敵意むき出しで
煽ってるのが伝わってくるのすごく辛い…😢
わたしも良かれと思ってシェアした時に、信頼してる方から
「ネガティブさが全面に出過ぎて同意できない」と指摘されたことあって。
最初は非難されてるって思ってショックで。

 


 

無意識だからわからなかった。
でも今はすごくよくわかる。
本気でわたしのことを思って仲違いも覚悟で
言ってくれたことに本当に感謝してる✨
 
コントロールしたい思いから、
無意識に言葉に怒りや恐れの闇エネルギーを載せて
シェアすることは、支配者がやってることと同じだよ😈
気をつけよう❗️

 


 

ネガティブから行動を起こしてたこの頃。
恐怖心を紛らわせ絶望感を満たすために
祈りや瞑想をしてた😣
もちろん地球がより良くなるよう願っていたけど…
どこかで悪者がこの世から全員いなくなってほしいとか、
目醒めてない人たちの意識を変えたいとか、
自己中な祈り方だったなと思う。

 

□月△日に〜〜がありますなどの予言。
わたしはもう全然信じてませんが、このご時世では藁をもすがりたい人が本気で騙されます。
スピリチュアル界隈では2020年にアセンションゲートが閉まる?とか
世界が二極化する?とか言われてますが、これは恐れを持った人が観ての言葉。

歓びを持つ側から観ると「覚醒める人が増えてすごくいい流れになってきてますよ〜」
という「地球はいい方向に進んでいますよ♫」という風に捉えられます。

そう、モノの見方次第で人生を光側に変えられる。
すべて決めるのは「自分自身」次第なんです◎

 

予言する闇側も悪いことだけでなく、一見イイこと言ってる人を装い
いついつに「金融リセットに備えよ」などと期待をもたせたりして、
それを信じちゃった人が怒り狂ったり絶望したり、無気力にさせたり、
また縋ったりさせて、依存させたりします。

そして繰り返すうちに疲労し思考停止になって、無価値感を感じるようになります。

「ちっぽけな自分なんかに世の中を変えるチカラなんかない」と絶望します。
これが今の日本人の現状かもしれません。

それと同じく、いついつに大地震が発生しますとか、
いついつまでに○○しないと次元上昇できませんよとか
乗り遅れたら低次元に取り残されますとか・・・

コレも全部「恐れによる支配」脅しですから^^;;

気づいてください。

「恐れ」が闇の一番の大好物なんです。
これが「分離」であり、本質(統合)から一番遠いものになります。

わたしたちを覚醒めさせないようにしたい輩がいます。

情報の取捨選択は、誰のせいにするでなく、自分自身で考え行動してください。

 

わたし自身このわけもわからない「恐れ」だらけで生きてきましたから・・・
そりゃ生きにくいはずですよね( ;∀;)

もうその古い思い込みや恐れ、ネガティブ探しや根性論は時代錯誤のものです。
恐れは「本質から外れているよ」のサイン。
囚われることなく、自分らしくラクに生きましょう◎

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください