7月14日はワークショップと第7回レムリア新月イベント、2つ開催します。

こんにちは◎

人生初の緑色の髪でそれがニラみたいで
抜け毛の色にいちいち笑えているスピカです^m^

 

ここしばらく災害のことをきっかけに気持ちがすごく落ちていたのですが。。

この大きな出来事は思った以上にトリガーというか、
大変革のきっかけになったようです。
とてつもない浄化だったのでしょうね…

今まで信じられてきたものや価値観が音を立てて崩れて、
それに気づいた人たちから、どんどん覚醒めていってますね。

少なくともわたしにとってはそうでした。
深い悲しみからスッと抜けたと思ったら、驚くべき変化が待っていたんですよ。

 

いつもチェックしている、UPされていたバシャールの記事
今日書かれていたことが、先日から起こっているんですよ〜〜
シンクロ具合にビックリしちゃって(゚∀゚)✦✦

わたし、次元上昇しちゃったんでしょうか? (゚∀゚)(゚∀゚) 笑

 

高次との存在(Leon)との繋がりがより強固になったようで、
よりはっきりとメッセージが理解できるようになったんです!

それと、過去最大級に突き抜けてきてまして。笑
一皮むけて、生まれ変わったみたいになってます。笑

意識が変わると、こんなにすべてに感謝したくなって、
心穏やかに人を赦せて尊重できて、
恐れが減り、力が抜けて、視界が広く心身が軽くなるんですね〜。

この感覚、ず〜〜っとこのまま続けばいいなぁってくらい!

今後の使命とか、やるべきこともはっきりと観えてきて
訳もなく自信と確信を得られたような、不思議な感覚なんですよ。

 

これ、言葉では伝えるのは難しい感覚ですけど(^_^;)
ぜひ詳しくシェアしたい(しなさいと上から言われてる)ので、
落ち着いたらすこしずつ載せたいなと思っていますが。

今度のシサムコウボウ裏寺通り店でのギャラリーの展示会で、
まずはその想いをすべて創作して出しなさい、とのことらしいです^^

このタイミング、上の采配は完璧ですわ。。。(鳥肌)

 

少しだけ要点をまとめると

あなたの持つ思い込み、知識、常識、当たり前、記憶、
時間概念etc…は、確実性のない幻です。
それらによって、自分で自分の可能性を狭めているにすぎません。
幻に囚われ、恐れ、一人であがいているだけなのです。
すべては自由意志の上にあります。
いつでも、幻映画の悲劇のヒロイン役から降りることが出来ます。

思い出してください。自分で自分の望む世界を好きに作れることを。

ということです。

タイトルから話がそれてしまいましたが(^^ゞ

 

シサムコウボウ京都本店さんでのマクラメワークショップ
12日現在、ラスト1名さま分の枠が残っています^^
13日現在 ***満席となりました*** ありがとうございます♡

蟹座の新月のパワーがある日にアクセサリーを組めるので、
スッキリとした感覚で無意識にパワフルなものになるかと思います✦

詳細はこちらこちらの記事からご覧ください◎

ご参加されたい方は、シサムコウボウ京都本店さんへご連絡くださいね。

新月パワーで神聖かつ楽しいワークショップになるはず♡
お待ちしております!!


ワークショップでお渡しするペイソンアロマも充填完了しましたよ♡

 

そして、新月イベントもワークショップ開催日の夜ですので
当日はたぶんUPできそうにないので(^^ゞ
ちょっと早いですが今日記事を上げますね。

 

ホントは金曜日が新月なんですけど、ボイドタイムがあり土曜日になります。

蟹座の新月で、日本では見られないみたいですが
部分日食と重なるとのこと。

調べていたら、魂の帰る場所だったり、居場所を見つけるとか、
殻を破り使命に気づくとか、人生のターニングポイントを迎えるとか、
人間の生きる上での本質に向き合わざるを得ないような
強めのワードが目に付きました。

なかなか破壊力ありそうですね。笑

 

個人的には早くもそういう流れに乗ってしまったので、
割と上記のことに関しては見えてきているんですけど、
より確信を得られるのかもなぁ〜と思ったりしています♡

 

もしよろしければ、わたしと一緒にその流れに乗って、
自分の世界へ夢を引き寄せて実現していきましょー!

ご参加くださる方は♡ボタンをポチッと押してくだされば、
意識も向けやすいので助かりまーす。

 

それでは^^
みなさまも素敵な週末を。
そして新月をお迎えくださいね✦

 

いつもご覧下さりありがとうございます
感謝♡スピカ

7

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください