オーダーメイドの作品から繋がる記憶。

こんばんは。
暖かい日が続いたと思ったらまた寒くなって…三寒四温ですね。
今日は穏やかなお天気な京都です。

さて今回の記事は、前から記事にしようと思ってメモしていたものです。

きっかけは、Oさまからリメイクでのオーダーメイドをご依頼戴き先月完成しました、ブレスレットとラリエットの二点。

そのうちのブレスレットのほうが、創っている途中にどんどん語りかけてくる!!
長いメモを書きながらの編み作業でした。

いつもは途中に少しメッセージが来ても、最後に出来上がってから
総括みたいにメッセージが降りてくる感じなので、なかなか珍しいパターン。

しかも、そのご依頼主の過去世?記憶?だけを語ってくる
(厳密に言うとビジュアルと一緒に来る)のかと思いきや・・・

なんとわたしのルーツとも繋がってたんですよ!!
びっくり!(゚∀゚)
…そう、Oさんとは何度か人生を共にしたようなのです。

知り合ってもう3〜4年くらいになるかな?
枚方での個展に来てくださったのが出会いです。
それから今では意気投合し2〜3ヶ月に一回は京都でランチする仲に♡

どうもお互いにジャンル違いでありながら、チカラを発揮するのに必要な存在のようでして。
京都という場所もポイントのようです。
ネイティブでのつながりもアリ。
だけど親兄弟とかいう深い繋がりでなく、仕事仲間や友人という距離感なのも意味深じゃーないですか。。

そんな彼女のブレスレットを創っている時に、わたし自身のルーツも出てきたのですかさずメモしました。

さすがにOさんのことはかけないので、わたしのメモをシェアしようと思います。

今度改めてお話しようと思っている、ハイヤーセルフ「leon」のことや、感覚の話にも深く関連してくることです。

 

宇宙の声をずっと昔から聞いていたのだ。
子どもの頃からそれが好きだった。心地よかった。1人が好きだった。

どこからの声かはわからなかったけど、その時間をとても大切にしていた。
その声に従って、授業中の誰もいない教室や廊下でひとり歩いたこともあった。

誰にも話さなかった。話せなかった。
表現したくなった時は絵や詩や物語にした。

ただの空想の世界だと思っていた。
でもこれは創造だった。

観ている世界は自分の宇宙のイメージそのもので、
形は変わっても、想いは止まらなかった。

表現する方法を見失った時は、虚しく苦しかったときもあった。

今は、この鉱物を使ったアクセサリーという形で、自分の宇宙の世界を引き出している。

作業しているときだけにしかそれは発揮できないと思っていたが
いつでも繋がり、受け取れると思い出してからは、
レムリアとのルーツが開き、ハイヤーセルフという存在がいることもわかった。

無限に注がれる創造の世界の源は、わたしの宇宙の宝物だ。

皆それぞれの世界の源が絶対にある。

それは魂そのものであり、人生における真実の扉でもある。
そして、それらは全て自分である。

 

以上です。

 

自分語りのようで、どこか客観視している不思議な感覚。
わたしの過去を振り返ってるけど感情は伴うことなく見つめてる。
淡々とした感じで、レオンではなかったです。

きっとOさんのブレスレットを創っている時に、わたしの中の何かとシンクロしたのかも?ですねー。

あと、こうして文字起こししてみて改めて気付かされたこともありました。

こうやってわたしはどなたかの作品を創りながらも
相手の方だけで完結ではなく、自分にもちゃんと繋がってるんだなぁって。

お迎えしてくださる方とのご縁というのはすごく尊くてありがたくて。
それを石たちがしっかり繋いでくれてる。

偶然のようにみえて、必然で。

 

その中で忘れちゃいけないのが
今は疎遠になってしまったけど昔お世話になった人たちです。
その方たちが居なければわたしは今こうして幸せに居られなかったんですよね。

渦中では色々あってお別れすることになって、苦しかったり悲しかったりして悩みのタネだったわけですが・・・

今となっては、その人たちが居なければ成り立たなかったことばかり。
もう直接は伝えられないけど、感謝の気持ちでいっぱいです( ;∀;)

 

ちゃんと、やっていること、やってきたことに全て意味があるってわかりました!

Oさんのおかげで貴重な体験が出来ました。
ありがとうございます♡

 

そしてご縁のある皆さま、本当にありがとうございます◎

 

感謝♡スピカ

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください