インディゴブルーは繋がるサイン。

展開が早く速度が上がってきているのを感じます。
少し前は圧縮してゴチャッとしたことがあったけど、
抜けた今、超すっきりしたと同時に速度が半端なくなったような。
背中グイグイ押されているような。笑

先週「シンプル」と言うワードとともにグッと降りてきた
「インディゴ」という言葉。

「今、インディゴの石を必要としている仲間が多くいる」
「このブルーがあなたもそうであるように必要な人にも癒しやチカラになる」
「また仲間と繋がるためのサインでもある」
「あなたの手で繋ぎなさい、行動しなさい」

わたしがしたいことと役割が、すっと腑に落ちた瞬間。
脳裏にずっとあのインディゴブルーが離れません。

 

ピッタリのタイミング、何一つ抜けていても
順番が違っていても成り立たない。
聖なる見えない力で動かされている感。
そうでない時はいくらジタバタしたって
駄目なんだなってもう分かったり。

 

「インディゴ・チルドレン」と「プレアデス」。

知識として知った時なんとなくこれかもな?というのは感じてました。
でもそれほど実感もなく意識してきたわけでもないけど。
最近なんとなしに意識することが増えて、
やっぱりそうなんだ〜って実感しています。

1970年代後半以降生まれで、子どもの頃からブルーが好き。
地球での生きづらさ、わたしの居場所はここじゃない感。
アレルギー体質、空想癖、エンパス、戦士的性格。

そしてこのインディゴブルーの石にがっつり惹かれ
深くご縁があって学びや色んな経験がありました。

いろんな経験、自分と向き合い時を経て。
今のわたしになって、また再び繋がることが必要だったようです。

好きなことを通じてさらなる新しい縁を繋ぐ役目や
使命があることにすごくワクワクするし、
本当に光栄な事だと思います!

ネイティブアメリカンとレムリアンも軸にしつつ
今年はインディゴ&プレアデスを少し強めに意識して作品を創ります。

引き寄せ、引き寄せられ。
必要な方へお届けできますように。

 

いつもありがとうございます。

感謝☆スピカ

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください